2010年10月27日

「薄桜鬼」16話 誠心は永遠に

昨日、土方ルートをやっていて丁度このへんで泣いていたので、BGMがかかって絵が動いたら号泣だろうな・・・と思っていたら、やっぱり泣いた

アバンからAパートは羅刹について。

一君が山南さんを尾行しています。
そこで一人の羅刹と退治する天霧に会い、羅刹を切ろうとしたところ灰となって消えてしまいました。
驚いた一君が綺麗揺れるハート
hajime.JPG
天霧いわく、羅刹の力は人間本来の力を前借して使っているだけだと。
だから力の限界がくると灰となってしまうのだと。

土方さんは山南さんにもう羅刹は増やさない、研究も中止と宣言。
山南さんは羅刹になった土方さんのためにも研究は続けたほうがよいと進言するも「副長命令だ」で終了。
でも、皆がいなくなったあとで吸血症状になり、千鶴が血をあげようとするも断固拒否
hijikata.JPG
ゲームだと血をあげないと私(千鶴)が死んじゃうんですが・・・。
苦しんでいる声を影で近藤さんが聞いていました・・・(泣)

Bパート

下総流山の屯所で敵に囲まれていることに気づいて近藤さんを逃がそうとしますが、敵の数が多く脱出は難しい。
土方さんは「俺がなんとかする」と言うけど近藤さんは「自分が敵の本陣へ行く」と宣言。その隙に逃げろと。
勿論土方さんは大反対。「大将がいなくてどうするんだ」
「では局長命令だ」「トシ、もう楽にさせてくれ」と近藤さん。
kondo.JPG
もうね、このあたりから涙がボロボロ。

裏から逃げるのですが、敵に見つかります。
そこで土方さんは羅刹化し敵をバッサバッサと切っていきます。
hijikata4.JPG
羅刹にならないようにって近藤さんが投降したのにね

その後の土方さんの独白にも涙が・・・。後姿がなんとも悲しい
hijikata6.JPG

オマケ
昔の試衛館。総司ったら子供のクセに目つき悪い・・・。
shieikan.JPG
posted by sophie at 22:27| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 薄桜鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。