2010年11月16日

「薄桜鬼」19話 天道の刃

今週何に驚いたかってコレ↓
012.JPG

なにこれ〜〜。一回こっきりのキャラに豪華な声優あててる・・・。
松平容保=森川智之
正木時茂=石田彰

会津の鶴ヶ城にて松平容保公に謁見した斎藤さん。
新選組は元々会津藩の庇護のもとに出来た組織なので恩義があります。
その会津のために戦うことになったのですが、そこに容保公より預かった人たちがいました。

正木時茂君、かわいい揺れるハート先週の予告の時、てっきり白虎隊の少年かと思ってしまった。
003.JPG

彼らは洋装でしかも刀を右に差している斎藤君に不信感をもっていて反抗します。
戦場でも斎藤君の「退け」の命令をきかず無駄に命を散らそうとしたため、斎藤君が諭します。「命の捨て処を間違えるな」と。
彼らを退却させるため、前線に残って戦う斎藤君の姿を見て彼らもやっと斎藤君を信用するようになりました。

傷が癒えた土方さんも合流しますが、戦況は芳しくありません。
母鳴峠での戦闘は苦戦をしいられ、正木君たちは「ここが命の捨て処」と
斎藤君以下、若い隊士達を逃がすため戦場に突っ込んでいきます。
008.JPG
あ〜〜、たった一回で退場とは・・・

大鳥さんは、会津は退却し仙台へ行けと土方さん達に命令します。
しかし、新選組の恩人・会津を見捨てていくわけにはいかず、悩む土方さん。
「俺が残ります」
斎藤君がいいます。会津の負けは見えてるが最後まで一緒に戦うと・・・。
010.JPG

あ〜、斎藤君の死亡フラグがたっちゃった・・・

「新選組、斎藤一!誠の旗に誓って、ここから先は通さん!!」
と敵陣へ突っ込むところで終了。

斎藤君は史実では生き残り組なんだけど、薄桜鬼の原作では死亡しているんですよね?このラストはどちらとも取れて生死不明です


にしても、今回は途中まですごい綺麗だったのにラストにかけて怒涛の作画崩壊・・・orz
斎藤君の最後、なんとかならんかったのでしょうかもうやだ〜(悲しい顔)
011.JPG


次回予告
今度は……
これは何か?来週はこの人が亡くなりますので心の準備をしてください予告なのか
でも原作どおりならもう一人…だよね?
posted by sophie at 23:21| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 薄桜鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

(アニメ感想) 薄桜鬼 碧血録 第19話 「天道の刃」
Excerpt: 薄桜鬼 第六巻 [DVD]クチコミを見る 母成峠の戦い。ついに斉藤一も・・・。 ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2010-11-19 00:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。