2009年02月15日

正露丸

先週はずっと胃腸の調子が悪く、激しい胃痛と腹痛に悩まされて胃薬やら下痢止めやらを飲んでました。
水曜がお休みでよかった
で、正露丸を飲んだのですが、1個コロコロと転がっていってしまい行方不明になりました。
ざっとみても見当たらないため掃除機をかけたのですが吸い込まない。
でも絶対この辺にあるはず。だって強烈に臭ってるし……。
冷蔵庫と棚の隙間に入ったのかな?それだと棚を動かさないとダメだよたらーっ(汗)


この臭い、いつまで持続するのかなー
posted by sophie at 20:21| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

文化放送って

神奈川は難視聴地域らしい。
ここ横浜では雑音が激しく、一緒にハングル語の放送が聞こえる。
しかも向こうの演歌っぽいのがよく聞こえて、肝心の文化放送が聞こえない(´ω`)

あー、だからニコニコ動画にアップされるのを心待ちにしているのです(思いっきりソレステの話……)。
posted by sophie at 22:21| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四大陸フィギュアスケート

真央ちゃん、相当調子悪そうでしたね。
年末の全日本に比べてスピードもないし、顔に気力が出てなかったような気がします。
それでも1回はトリプルアクセルを決めたんですから凄いです。
でもあれだけのジャンプが跳べるのに、なんでサルコウが苦手なんでしょう?
トリプルの中でも比較的簡単で他の選手はステップ変わりに跳んでるのに不思議です。
一説によると「一番最初に覚えたから」なんだそうですが……。
昨年苦しんだルッツに関しては完全にクセを直せたようでよかったですね。
私にはさっぱりわかりませんが、審判にはアウトエッジかインエッジかはすぐにわかるんですねわーい(嬉しい顔)

反対にキム・ヨナは絶好調ですね。ループで転んでも次のルッツからの3連続を決めて余裕の笑顔でした。
彼女がもしトリプルアクセルを跳べたら無敵かもしれない。しかもコーチはあのブライアン・オーサー。
しかしブライアン、おっさんになったなぁ……がく〜(落胆した顔)
キム・ヨナがジャンプする度に一緒に跳んでるブライアンが可愛かった

しかし、カナダのリンクってなんで狭いのかなぁ。
昔からそうで、選手はリンクのサイズに合わせて演技をしてるけど、スピードが殺されちゃうのはもったいない。
でも次のオリンピックってカナダなんですよね。
リンクのサイズ、やっぱり小さいのかな?
posted by sophie at 00:01| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

歌舞伎座

歌舞伎座

朝の番組で歌舞伎座を新しく建て替えるというニュースをやっていました。
新しい建物は下層階こそ今の趣を残すけど、上層階は味もそっけもないただのビルでした。
建物老朽化や耐震構造の問題で立て替えが必要なのはわかりますが、勿体ないなぁ…。

今日たまたま東銀座で乗り換えしたので、名残の写真を撮ってきました。
同じような考えなのかな?おば様も1人、写真を撮ってました。
posted by sophie at 22:45| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

ニューイヤーコンサート

オーチャードホールにて東京フィルのニューイヤーコンサートへ行ってきました。
演目はお正月らしくポピュラーな曲目でした。

第1部
J.シュトラウスU「春の声」
ブラームス「ハンガリー舞曲第1番」
ブラームス「ハンガリー舞曲第5番」
ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番より第1楽章」
スメタナ「わが祖国」より「モルダウ」

**休憩** アトラクション若獅子会

第2部
J.シュトラウスU「雷鳴と電光」
モンティ「チャールダーシュ」
ラフマニノフ「ヴォカリーズ」
ラヴェル「ボレロ」

第1部のラフマニノフのピアニスト、外山啓介氏は身長182cmのかなりのイケメンでした(お顔を確認したい人は http://keisuke-toyama.com/index.htm までどうぞ)
しかし、大好きなはずのラフマニノフで睡魔が・・・何故??1楽章だけじゃ物足りない、やっぱり全楽章聴きたかったです(まぁ時間的に無理なんでしょうが・・)
第1部最後の「モルダウ」は感動しました。指揮者の小林研一郎氏はハンガリー政府よりいろいろ賞をもらっているほどの実力者。
チェコやハンガリーの音楽が得意なんだそうです。

第2部の「チャールダーシュ」(私は「チャルダッシュ」と言ってました)のソリストは元オーボエ奏者宮本文昭氏の娘の宮本笑里氏。彼女も超美人(お顔を確認したい人は http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/emirimiyamoto/info.html まで)
最近のソリストさんはイケメンじゃなきゃダメなのかしら?これは去年、フィギュアスケートの浅田真央ちゃんが世界選手権で金メダルを取ったときの曲です。

最後の「ボレロ」、いや〜クラシックは生で聴くに限ります。ボレロも大好きな曲なのでCDもいろいろ持っていますが、あの迫力は生じゃないと伝わらないです。ラストは鳥肌ものでした

最後に抽選会があって、チケットの半券で4人ほど当たりがありました。
なかでもラストの当たりはなんと「今日のアンコールラデツキー行進曲の指揮が出来る権利」
結構ご年配の男性が当選し、かなり重めのラデツキーでしたがしっかり振ってました
帰りに階段下にその男性がいたので友人が「とてもよかったですね」と声をかけたところ、満面の笑みで「ありがとうございます」とおっしゃっていました。
他のいろんな人にも声をかけられていて、本当にうれしそうでした。
そういう人に当たってよかったね〜。

posted by sophie at 22:24| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

今年一年

気が付いたら、更新をえらく怠っていました・・・
本当は書きたいことがいっぱいあったけど、なんだか書くのがおっくうになってしまいブログの更新をしなくなっていました。

う〜〜ん、来年はもうちょっと頑張って書いてみようかな?
相変わらずアニメもいっぱい見ています。
海外旅行にも行ってます。
少しづつ書いてみよう。

では、みなさんよいお年をお迎えくださいませ。
posted by sophie at 23:22| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

鎌倉散策

久しぶりに鎌倉へ行ってきました。
江ノ電の乗り放題切符「のりおりくん」580円を購入して、いざ鎌倉ダッシュ(走り出すさま)

最初に向かったのは腰越駅近くにある『しらすや』。ここは生しらすで有名なお店です。
並ぶので有名だったけど、11時ちょっと前に行ったらそれほど並んでいませんでした。
30分ほど待って念願の生しらすとかまあげしらすの二色丼(900円)をいただきました。美味しかった〜〜揺れるハート
P1000706.JPG

他にしらすづくしセット(1700円)というのがあって、しらすの天ぷらや、たたみいわしなどものすごくおいしそうでした(隣の女性が食べてた)。今度はあれを食べるぞ!

食べ終わった後、海まで散歩。風もあってサーファーがいっぱいでした。

一旦(なぜか)藤沢まで行って、トイレ休憩し再び江ノ電で極楽寺へ。
実は極楽寺って行ったことなかったんですよね。
小さな境内でしたが、桜の木があり、2週間くらい前ならさぞかし綺麗だったんだろうなぁと思いました。
境内に紫陽花の散策コースがあったのですが、紫陽花にはまだ早く、また来ようね、ということになりました。

次に歩いて長谷へ行き、長谷寺に。
長谷寺は牡丹やらつつじやらいっぱい花が咲いていてとても綺麗でした。
P1000708.JPGP1000709.JPG

また鎌倉に戻り休憩。せっかくなので鎌倉八幡宮へお参り。
おみくじ引いたら中吉でした。

次どうする〜。そだ、和田塚に線路を渡る小さな甘味処があったから行こう!と行って見るともう閉まってました(この時点で18:00)。残念。

じゃさ、せっかくなんで大仏のライトアップ見に行こうってなわけで、再び長谷へ・・・。
大仏のライトアップってう〜〜〜ん・・・。
P1000714.JPGP1000716.JPG

右はだいぶ暗くなってから。なかなか良かったかもしれません。

で、最後また鎌倉へ。

一日、江ノ電でうろうろしましたが、たまにはこういうのもいいかも。
まさに、江ノ電ぶらり旅手(チョキ)
posted by sophie at 22:06| ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

ポール・ポッツという人

今朝のめざましテレビで見て俄然興味がわきました。

イギリスのオーディション番組でオペラを歌い、審査員を驚愕させているシーン。凄すぎでした。

彼の名はポール・ポッツ。さえない携帯電話のセールスマン。
子供の頃からいじめられっこだったらしい。
まぁ、あの外見じゃそうかもしれない。
なんか自信のなさそうな気弱な表情で登場。

審査員「で、何を歌うの?」
ポール「オペラです。」
審査員「・・・じゃ、歌って」

トゥーランドットの曲が流れ、クライマックスへいくと観客は総立ち。
涙を流す人も。
初めはバカにしていた審査員もびっくり。表情がガラッとかわるんです。
最後は感動の拍手喝さい。

このシーンがもう一度見たい!
てなわけで、YouTubeを探してみました。



あ〜〜、この審査員が何をいってるかわかんない!
知りたい、見たい!

てなわけで、探したらポール・ポッツの公式HPに日本語字幕入りがありました。
いや〜すごいですね。
オーディションで優勝した後審査員が「来週レコーディングだ!」

そして彼は全世界で250万枚のCDを売り上げ、今月日本でコンサートを開きます。
ううっあせあせ(飛び散る汗)行きたいよ〜〜〜ふらふら

ポール・ポッツ公式HP
http://www.bmgjapan.com/paulpotts/
posted by sophie at 23:16| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

『赤毛のアン』

言わずと知れたモンゴメリの名作です。
今月からうちのUHF局で昔の名作劇場版『赤毛のアン』の再放送が始まりました。
実は放送当時、名作劇場の時間は大人が別のテレビを見ていたため見られませんでした。
なので、高畑勲、宮崎駿の名前を見つけて「そっか〜、名作劇場やってたんだ〜」と初めて(というか忘れてた?)知りました。
3話まで終了しましたが、登場人物がいまだにアン、マリラ、マシューの3人だけで、いつになったらギルバートがでてくるんだろう・・・とちょっとイラついてますあせあせ(飛び散る汗)

私は以前カナダで作られた映画版『赤毛のアン』が好きでした。
アン役の女優さん(ミーガン・フェローズ)が子供からだんだんと大人になって綺麗になっていき、髪も赤毛というよりストロベリーブロンドで、ギルが惚れるのも無理ない!って感じでした。
『続・赤毛のアン』で二人が両思いになれたときはうれしかったものです。



実は3部作で3作目があるのですが、私はあまり好きではないのです。どうも戦争がからんでくるとダメですね。
原作もその辺で止まってしまいました。

続きを読む
posted by sophie at 23:09| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

グルメツアー

昨日、朝5時に起きて、横浜→八王子(横浜線)、八王子→高崎(八高線)、高崎→佐野(両毛線)で佐野へ12:20に行きました。
そこでお昼は佐野ラーメンを食べました。

P1000669.JPG
あっさり目でおいしかった〜〜

つぎに佐野から3.7kmほど歩いていちご農園へ行き、いちご狩りをしてさらに満腹になりました。

P1000672.JPG
さっきのラーメンとは別腹・・・これもあまくて美味しかった

そして再び両毛線で佐野→小山→宇都宮。腹ごなしに宇都宮タワーまで往復4km程歩いてから餃子を食べました。

P1000680.JPG
満足!!勿論お土産も買いました

帰りは宇都宮から湘南新宿ライナーで横浜まで138分!!

以上、鉄男さんが計画したグルメツアーでした。
交通手段はほぼJRで、青春18きっぷです。
お腹は満足しましたが、疲れました。
(今電車の中で携帯で書いてます)

うっく、しかも明後日仕事でまた井野(群馬)まで行くんですよ。
昨日近くまで行ったのに・・・・・・・。
posted by sophie at 22:01| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

またひとり・・・

声優の広川太一郎さんが亡くなっていたそうです。
私は『宇宙戦艦ヤマト』の古代守、『キャプテン・フューチャー』のカーティス・ニュートン、そして『007』のロジャー・ムーア等の二枚目も好きでしたが、マイケル・ホイ等のハチャメチャなのも大好きでした。

なので映画『キャノンボール』は大好き!
広川さんはマイケル・ホイとロジャー・ムーアの二役をこなしてました。
勿論他の有名スターの共演(今思えばすごい豪華だった・・・)もすごく楽しかった。あの映画、どこかヒデオに録ってあったけど、この家にあるかは不明。
また見たいなぁ・・・。

広川さんのご冥福を祈ります。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080309-00000002-dal-ent
posted by sophie at 22:37| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

実は

4月から、今の職場から離れるかもしれません。


続きを読む
posted by sophie at 20:37| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

『yom yom』買いました

買っちゃいました。


発売日に有隣堂に入って検索システムで『yomyom』を探したけど全くひっかからない!
うわ〜ん、名前忘れたのかしら?
とレジカウンターの前を見たらデ〜〜ンとドピンクの表紙が「ここです!」と主張していました・・・あせあせ(飛び散る汗)

続きを読む
posted by sophie at 23:46| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

掃除機を買いました

引越してから10年使ってきましたが、ブラシが壊れ、吸い込みも悪くなってきたのでここらでエイヤ!と新しい掃除機を買いました。



いいですよ〜、サイクロンって!!

続きを読む
posted by sophie at 22:03| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

定期演奏会に行ってきました

年に2〜3回開かれる横浜の管弦楽団の定期演奏会。
今回の演奏曲は全て「スラブ」がテーマなんだそうです。

1.スラブ舞曲 (ドヴォルザーク)
 第5番 第10番 第3番

2.チェロ協奏曲(ドヴォルザーク)

3.我が祖国より(スメタナ)
 高い城
 モルダウ


9日土曜日、もうね、モルダウ聴くために極寒の中行きました。
(帰りは雪でしたよ〜、家についたら雨になったのに・・・)
やっぱりいいです。モルダウ・・・。
高校の頃合唱部で伴奏していらい大好きでした。
でも、それより強烈に画像そして脳裏に焼きついているものがあります。
あのベルリンの壁崩壊後のチェコで、亡命した演奏家が集まってモルダウ川の川沿いでこの「モルダウ」を演奏していた、あの姿が忘れられません。
社会主義って大変だったんですね(たった20年ほど前のことなんですが・・・)。

最後にアンコールで『チェコ組曲』が演奏されました。

これは、あの『のだめカンタービレ』の第1話冒頭でで、ヴィエラ先生が指揮していた曲です。

この楽団の指揮者は絶対に『のだめ』ファンです。
一昨年の12月、おりしも『のだめ』の放送中にはGoodtimingでベートーヴェンの『交響曲第7番』を演奏し、チャイコフスキーの『ヴァイオリン協奏曲』までやったんですから(偶然)!

次回は何を演奏するのか楽しみだな〜〜
posted by sophie at 22:42| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『十二国記』の新作出る??

番外編ですが、出るようですよ。でも新作なのか?再掲載なのか?
いずれにしてもうれし〜〜ぴかぴか(新しい)

ソースは
posted by sophie at 14:05| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

ライトスタッフとチャイコフスキー

まだまだ「のだめ」を引きずっています。
一年前の症状の戻ったあせあせ(飛び散る汗)

今回、一夜目の千秋の指揮コンで最後に演奏された「チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲」ですが、私はず〜〜〜っとあれは映画「ライトスタッフ」のテーマ曲だと思っていました。

一昨年の12月に知り合いのコンサートで演奏されたのを聴いた後、丁度NHKで放送されたので録画してあったのですが、あまりに長いのでDVDに焼いて放置していました。
今回、千秋の指揮で一番いいところが演奏され、急に「ライトスタッフ」が見たくなり、ラストの方を見ていました。
感動のラストシーン。大空を飛んでくサム・シャパード揺れるハート
そこでメインスタッフの名前とともにテーマ曲が流れてきたのですが「あれ?なんか違う??」
いや、確かにチャイコなんだけど出だしが全然違う??
ま、でも映画の曲なんでクラシックの抜粋だから私の勘違いかな?
でもやっぱり違う?

ということでWikipediaで調べたところ、やっぱりアレンジされたようです。途中でかかった「惑星」もアレンジされてたみたいです。
「惑星」・・・これも大好きな曲で、劇中「火星」がかかったのはうれしかったんだけどあれもアレンジされてたのかな?

なんでわざわざアレンジしたのかな?あれだったらそのままオリジナルでも問題ないと思うけど。
アレンジしてしまったことで、音楽ファンには評判が良くなかったようです。
posted by sophie at 22:05| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

ゆく年、くる年

いや〜久々の日記更新です。
もしかしたらこのままフェードアウトしてしまうかと思いました(って私が・・・)

今年もいろいろありました。
1月早々ノロウィルスにかかり、治ったその日に大事なsophieが逝ってしまいました。
哀しみに暮れるも、新しいにゃんこのchocoたんを迎え、悲しんでる暇もないほど暴れまくりました。いや現在進行形です。

仕事は順調で特に問題なかったのに、突然仕事の中心にいた人が異動(という名の退職勧告)してしまい、ろくな引き継ぎもないまま私があたふたとやることになりました。猛烈に忙しくなったのです。

そして「Sophieさん、12月から新しい人がくるので楽になりますよ」という言葉を信じた私がバカでした・・・。
「新しい人」とはそのまま「新人」・・・。
ドアホ〜〜〜!忙しいのに新人教育ってアホな仕事が追加され、さらに忙しくなっただけじゃん!!!

ということで、しばらく全く日記を更新できなかったのでした(てそれだけじゃないですが・・)。

時間に余裕が出来たら、来年も日記を更新していきたいと思っていますので、皆様見捨てないでくださいね

では、皆様よいお年を
posted by sophie at 20:33| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

視線の先の狂気 原作ゲト〜〜

昨日ブックオフで原作を見つけた時は小踊りしたくなりました、うれしーわーい(嬉しい顔)

早速原作を読んでみると、話の本筋にかかわりのない人物が漫画では一人消えてる程度で、漫画は原作にほぼ忠実にかかれていることがわかりました。
そして、漫画では主人公達の年令が書いてないので事件のあった時からの○年後…で計算するとずいぶん若いなぁなんて思っていましたが、原作にはヒロインの年令が作中にでてきてヒーローは5歳年上という設定で納得しました。

続きを読む
posted by sophie at 20:14| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

あれから6年

もうそんなになるんですね。
実は2000年12月、つまりテロのおきた前年にニューヨークへ行ってました。まさかあのとき見たワールドトレードセンターがテロにあうなんて思いもしませんでした。
惨事にまきこまれた人のご冥福を祈ります。

ツイン.JPG

「9・11」から6年、小雨のNYで追悼式典
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070911-00000014-yom-int

続きを読む
posted by sophie at 00:57| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。